江戸時代へのタイムトリップも可能住所、都内トラベルで忘れられない所に行きました

・史実、近代史好きにはたまらない「都内江戸美術館」(東京)

都内江戸美術館は、身が15年齢(中3)のときに修学旅行で出向いたフロアです。
当時から近代史に注意があった身は旅行の中でもこういう美術館が一番の楽しみで、入館するときは非常にわくわくしていました。

呼び名通り江戸ご時世ごろからの都内をはじめとした当時の生活や施設、日本橋のレプリカが館内に生まれ、まさに突っ切ることができます。
高いところが苦手な身ですが、凄く堅牢そうな手すりのおかげでスムーズに渡れました。
明治ご時世ごろに立てられた新聞紙会社の施設も館内にあり(実機大です)、現代にはない分析の施設で囮に書かれたコピーも右側読みになるように書かれてあり囮には「朝野新聞紙」と書かれてある。

江戸時代の人々の暮しのシーンもリバイバルされており、全国アパート(というか農民や平民が暮らしていた住宅)もありました。
住宅のレプリカはいくつか展示されてあり、住宅の中で暮すレディースのマネキンも置かれています。
花魁?というレディースのレプリカも何ボディかいる曲線がありました。
あとはとことんご時世劇で見掛けるお城の姫さんが股がるお籠も置かれています。

当時の住宅はほとんど通気性が可愛らしくなく耐久性がない印象ですが間近で見るとさまざまな考案が凝らされてあり、印象のリズムのしやすさは現在の家屋よりもいいのではという感触を持ちました。ふすまや障子など、少し手軽に印象を差し換えたい時折便利なのではと感じました。

ここではお土産を買うこともできます。
ちりめんファブリックで作られたストラップをはじめとしたグッズ、食べ物、ハンカチなどの服飾商品などレパートリーが多く目移りする。
身はお土産曲線で幼馴染カップルと同じストラップを買い、10時世経った今も大事に持っています。借金一括返済の無料相談窓口のおすすめはコチラ